WEBメディア:ツギノジダイ執筆(人的資本)

政府の「骨太方針2022」の人への投資と分配でうたわれている項目で、現在注目されているキーワード「人的資本」

人をコストではなく、投資の対象とする「資本」ととらえる考え方です。

有価証券報告書への人材情報の開示義務が2023年に予定されていることから、大企業や上場企業を中心に関心が寄せられていますが、報告書の開示義務がない中小企業であっても企業価値を高めるために大切な考え方となります。

https://smbiz.asahi.com/article/14689146

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。