気付けば独立8年目突入

6月1日は開業日

ちょっと頭がおかしくなって、会社員をやめた2012年5月31日。

辞めて後悔したことは1ミリもなく、気持ちの変遷は色々あれど、総じて順調に過ごして7年。

たくさんの人の応援、助言、声がけがあっての7年ということは身に沁みている。

元来、ワタシは応援されやすいキャラクターらしく、周囲の期待には無意識に力強入っちゃうタイプ。多少の開き直りはあったかもしれないが、眼前の目標には帳尻合わせしてきた。

それをわかってか、ワタシの決断、仕事、勉強、趣味には、小さい頃から一切「期待」の言葉は掛けずにきたウチのオカン、ほんとすごい。というかワタシが素直じゃないし負けず嫌いだから厄介なんだろうけど。。。笑

と、オカンの話はさておき、、、

現状維持は衰退

8年目を迎えて、より意識したいことは、この言葉。

例年意識してきたことではあるが、今以上に!

別に新分野進出とか事業拡大とか、壮大なことではない。

ワタシの主要事業は、人材育成/人事評価、そして組織の活性化。

それを、主にコンサルティングと研修という形で提供しております。

通りいっぺん、なんとなく研修する、なんとなくコンサルティングするではなく、肩の力を抜きながらもポイントを押さえて、必要なとこで力を入れる。

これはこの7年でずいぶんと出来るようになった気がします。

なので、8年目は、コンテンツのブラッシュアップ(深掘り)です。

人事評価、部下育成なども、時代とともにホットなキーワードが変化しています。

ダイバーシティ、ワークエンゲージメント、働き方改革…

これらをうまく実現するために大事なのは、

組織の「対話」!

対話を進めるためにも「阿吽の呼吸組織運営からの脱却」が必要で、経営者も従業員も「言語化」「話し合い」の訓練が必要だと思っています。

このあたりのコンテンツ強化というのが、8年目の目標です。

みなさん、今後ともよろしくお願いいたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。