コマ大戦3on3に出場してみた。

コマ大戦3on3湖泉荘in Japan「プロノザウルス杯」温泉場所

5月19日、20日(長野県諏訪)の1泊2日で行われた本大会は、3人1組でのチーム戦。

コマ大戦というのは、全国中小製造業の皆さんが製作したコマを持ち寄り、土俵の上で1対1で戦わせ、勝ち上がった者がコマを「総取り」する戦い。

(ワタシは千葉のメンバーでもあります)

https://www.komataisen.com

たしか3月頃に「彩子さんチーム作ってみる?女性で3人でどうよ!」という影のプロデューサーの声がけにより、集められた3人娘。

※集められた基準は皆さん写真から察してくんなまし。。。

メンバーの一人は、大田区の製造業を応援する行政書士の大井公美子さん。もう一人は、群馬県の製造業「愛和電子株式会社」代表の図子田早身さん。そして、監督は千葉の製造業「株式会社パール技研」代表の小嶋大介さん。

チーム名は、大井さんがカーリングの藤沢五月に似てるということで「チームゴクゴクタイム」

え?モグモグじゃないの?まぁそこはお察しください。笑

コマそのものを作る前から、チーム名決め、Tシャツ、小道具だけで盛り上がり、二言目には「コマの練習はしてないけど、ゴクゴクの練習だけはしてる」と言いまくっていた我ら。

最終的には、皆それぞれの地元の方々が作ったコマ(ワタシは「ちばコマキットベーシック」という子供用コマにヘビーメタルのパーツを付けて参戦。パーツ製作本当にありがとうございます!!)を持ちより、当日は会場着くなり、受付ギリギリまで練習。。。「大丈夫かな?」「飲めばどうにかなるよ」と言って3人楽しく試合を迎えたのでした。

何が起こるかわからない

いつもはケミカルウッド製の土俵ですが、今回はアルミの土俵。このツルンツルン具合、もちろんコマが刺さったり止まったりすることはありません。

となると、相手のコマとぶつかったり、ともに回ったり、、、重いコマのが有利とか、でも回すのが難しいとか。逆回しにして、相手の回転をもらうとか、まぁ色々あるわけで。

当方の名監督が、ヒソヒソ女将並みに指示を出してくれまして、図子田さん1勝、なんと大井さんは世界チャンピオンまで倒す快挙!!

そりゃ、こんだけ喜ぶわ。笑

いやほんと、名監督の指示、それに応えるお二人、ナイスでした!

ワタシは大して貢献できませんでしたが、ゴクゴクネタに加えて会場を4人で盛り上げることが出来て本当に嬉しかったし、楽しかったです。

人が集まる場所が持つ力

最近つくづく思うんです。「人が集まることの力」を。

インタビューの仕事でよく聞く話だが「独立直後に仕事なくてマズイと思ったとき、色々考えたけど、結局は人が集まるとこに顔だすようにしたんですよー」って言う人ほんとに多い。でも、やっぱりコレ意味ある!!欲こいて人が集まるとこに行くのではなく、自分にプラスになったらいいなぐらいのスタンスで、色んな人の話を聞いて見聞を広げ、さらに価値観を広げる。合わなければ、いかなきゃいい。(色んな団体があるからね。。)

コマ大戦も多くの人が集まる場所。そして、人だけでなく情報や仕事が行き交う。困ったときは助け合ったり、ときに静観したり、色んなことが生まれています。

企業それぞれの課題は様々でしょうが、お互いが刺激を受け合える場所になっているように思います。もちろん、前進していく社長さんたちを見て聞いてワタシもいい刺激をもらっています!

え、何が言いたかったって?

人が集まる場所には、力があるよね。ってこと。

というわけで、諏訪でお世話になったみなさん、本当にありがとうございました!今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。